マイホームの購入時に舞い上がってしまい、周りが見えなくなった経験はありませんか?

そりゃ、高い買い物ですよ。

100万、200万の車とはワケが違います。

僕自身、ずっとマンション住まいだったため、一戸建てに住むのが夢だったなぁ。

いい物件を見つけては舞い上がり、印鑑を押す?押さないで激迷ったり。

そんないい思い出のマイホームが戦場になってしまったら?考えただけでも怖いですよねぇ。

共有財産の家が離婚により大変な事態に

現在、公務員をしているアラサー女です。

家の購入に失敗したと思ったのは、元夫と離婚したことが一番の要因です。

そのなかでも、一番辛かったのは、ローン以外の家の購入資金の大半が、私のお金。

その額、おおよそ1,500万円。

小さい頃から事あるごとに、お祝いとしていただいてきたお金、独身時代からの貯金など100%私自身の財産。

そして、私の親から結婚祝いにと、住宅資金として提供してもらったお金、

さらに、両親に私が借金をして作ったお金を元手にして構成されていました。

元夫の自己資金は、結婚してから自分名義で貯めていたわずかなお金だけで、元夫の親からも資金援助など一切ない状態。

結局、色々あり離婚することになって、財産分与の話になった時のこと。

私は、元々その土地の人間ではなく、別の地で新しい人生を踏み出そうと考えたため、夫が家を引き取ることになりました。

ただ、そのときの金額が、オーバーローンということをかさにきて、購入金額よりも大幅に価格を下げたものでしか、買い取りをしないという趣旨でした。

ありえません。

あの家は、一生に一度の買い物と考えて購入したもの。

水回りは最高級の設備を入れてました。

夫自身も、目に見えないところに多くお金をかけているのも承知していたのに、

それは知らなかったから、全く評価しないというわけです。

人間って、ここまで卑屈になれるの?

そんな風に、一度は愛した男を憎んでしまいました。

ここぞとばかりに乗り込んできた元夫の両親


とにかく、離婚に関しても揉めに揉めたんですが、一番はこのお金と家の問題でした。

夫と離婚を決めて、私は家を出ましたから、この新しい家に住んだのはわずか数か月。

ですから、家だって、実際建ててからも数か月です。

その家を出て、離婚が成立するまで暮らすことになり、そのお金も必要でした。

にもかかわらず、元夫はすぐに自分の両親を呼び寄せ、あの立派な家で三人で暮らし始めました。

はぁ?って感じでしたね。

一気に情が冷めるみたいな…。

元夫の両親も両親です。

自分たちは、古びた家に住んでいたものですから、ルンルン気分で、新しい家に引っ越してきました。

今でも、新しい家、最新の設備のある家で、のうのうと暮らしています。

家を建てるときに、資金協力すらしなかったくせに、まったくそういったことは、お構いなしで平然と暮らしています。

しかも、まだ、離婚が成立していなかったときで、家の名義だって、

共有財産になっている段階にもかかわらず、私に家のカードキーを返せと迫ってきました。

なぜ、所有権もない元夫の両親のために、所有権のある私が、家のカードキーを渡さないといけないのでしょうか?

意味が分かりません。

もともと元夫の両親は、お金のない人たちだということは承知していました。

でもまさか、こんな品のない人たちだとは思いもしませんでした。

どこまで図々しいの?

そもそも、こんな図々しい人間が、この世にいるなんて思ってもしなかった…。

この経験から、私は、元夫やその両親に対して怒り狂っていました。

私の提供した多くのお金、親からの借金の問題など、家にまつわる多くのお金の問題が解決しないことに対しても、不安を抱いていました。

バトルに勝利するため弁護士を雇うことに


離婚の合意を得るにも、元夫の側は全くわけのわからない、筋の通らない主張ばかりを繰り返してきました。

そういう経緯もあったため、この家にまつわるお金の問題を克服するには、そう簡単なことではないと考えるようになりました。

もちろん、両親や親戚にも相談したのですが、結局、相手に家の対価分をきちんと払ってもらう必要がありました。

私達は、もはや素人では太刀打ちできないと考え、弁護士さんに相談をすることにしました。

弁護士料は決して安いものではありません。

ですが、ほとんどお金がなかった元夫とその両親が、のうのうとあの新しい家に

しかも、最新の設備のある新しい家に、私に安いお金を支払うだけで、住み続けることはどうしても納得がいきませんでした。

弁護士料がいくらかかっても、元夫に、一人勝ちをするような結論は絶対に招きたくない、という思いが強かったですね。

もともと私は、あまり宗教的なことを信じるタイプではありませんでした。

ですが、元夫の理不尽な主張に対して、納得がいかず私は、徐々に精神的に追いつめられて行きました。

ありとあらゆる、よい、と言われるものを試してみました。

たとえば、神社のお参りをする、風水などでどうすれば運気が良くなるとか、色々やることで気を紛らわしていました。

仮住まいの家の中にも、とある人が書かれたお札を貼ってみたり、ご先祖様にお願いをしてみたり。

私のような人って、ちょっと病気ですよね?

さらに、親しくしている友人にも、今回の出来事を相談したり、愚痴をこぼしたり。

また、元夫やその両親の悪口をたっぷり含めながら、ありえない、という気持ちを聞いてもらいました。

新しい人生のため元夫達を忘れようと努力


結局、家の購入資金と、投じた設備関係の費用を含めて、私の出した貯金は戻ってきませんでした。

親からもらった住宅資金も、もちろん戻ってきませんでした。

ですが、親からの住宅にまつわる借金の部分は、分割ではありますが、支払ってもらうことになりました。

私名義で借りていた住宅ローンに関しても、すべて元夫名義にすることができました。

当たり前のことがじゃないですか?

男が女の金を目当てに、ママやパパと「あの女と離婚できてラッキー」って思ってる姿を想像したことありますか?

もう放火してやりたかったぐらいです。

この結論に関して言うと、まったく、満足をしているわけではありません。

元夫は、ある意味ただで、私の貯金も親からもらった住宅資金も、せしめたことになるわけですから。

ですが、元夫側は、最初私が親から借りた資金を支払わない、と言っていたものを、

なんとか、その部分の大半は支払ってもらえることになったので、「少し前進したな」と思えました。

もちろん、今でも、元夫とその両親が、あの家にのうのうと住み続けていることを考えると、はらわた煮えくり返って頭にきます。

ただ、それよりも元夫との縁が切れた、ということの方が大事に思えて、新しい人生を歩んでいけるのだなと。

あんな品のない元夫と元夫の両親と、縁が切れたということは、私の人生にとって幸せなことなんだと。

もう、どこが好きで結婚したのかさえも、思い出せませんね。

記憶から、元夫のことを消去できれば一番いいんですが…。

元夫や、その両親に盗られた家のことは考えない、考えること自体無駄。

そう思っていることは、あまりよいことではない、と色々な人から助言をもらったので、

もうそれに取らわれることなく、新しい人生を歩んでいくことにしました。

家を買う人、とくに、結婚して、まだ日が浅いときに家を買う人、慎重に検討したほうがよいですよ。

家の購入資金を全部取られた女まとめ

今回の体験談はいかがでしたでしょうか? 場所が失敗だと感じたり、欠陥住宅だったり、それとは違った痛みが残りましたね。

 マイホームの購入と同時に、離婚調停へ突入
 1,500万円以上の購入資金を、夫とその両親に乗っ取られた
 悔しくて弁護士を雇ったが、1,500万円を回収できず
 心身ともに喪失し、普段は信じていない神頼みまでした

皆さんもマイホームを購入する際は、十分に気を付けてくださいね。

癒せぬ傷が残る可能性もありますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事