職場イジメって本当にエグいですよね?

僕が職場イジメで一番辛かったのが、30代で勤務した女性ばかりの経理課。30代派遣社員のYが仕切るこの職場は、Yに逆らおうものなら空気にされシカトされるY帝国。

そんなことも知らずに入社した僕は、気の強いYに口ごたえ。いや、何というか不条理な指示を出されるもんだから逆らっちゃったわけ。ええ、次の日から僕は3か月ほど空気扱いされて、マジ泣きましたから。

若かった僕は許してくださいの一言も言えず、「仕事ができない」「使えない」と同じ派遣の身分のYに言われ続け、最後は能力不足で契約を打ち切られてしまいましたよ。女って本当に怖いよなぁ…。

40代で止む無く転職した先が女性ばかりのイビリ帝国

こんにちは。50代前半男性でレストラン勤務、調理の仕事をしています。

私は40代で今の世界に飛び込んだので、どちらかというと遅めの転職組。最初は結構風当たりがキツかったですね。転職最初の職場は、スタッフ10名ぐらいのカフェレストラン、デザートやお菓子がメインで料理の担当よりもパティシエが多い職場でした。

シェフは私と歳が近くてすぐ打ち解けられたのですが、それ以外のほとんどは20代のスタッフ、男はまだよかったんですが女の子たちは気が強くて本当に苦労しましたね。

中には、いい歳のおっさんが今更何だよといった感じで冷たくされる場面もあり、朝通勤時に挨拶しても無視されたりとかはありましたね。

あとで思うと、シェフからよく叱られる腹いせに私に八つ当たりしてたようなんですが、入社してすぐそんな態度で来られると状況も飲み込めないですし、さすがに先が思いやられました。

一番辛かったのは、入社して半年ぐらいした頃でしたか、仲のいい男性スタッフが店を辞めてから。

それまで何かと愚痴を聞いてくれてた若い子でしたが、その彼がいなくなるとそれまで意地悪だった女子スタッフが露骨に嫌がらせするようになってきました。

業者への発注書の間違いを押し付けられたり、イベントの連絡事項を自分だけ知らされずに当日時間に遅れて注意されたり、まあよくそれだけ思い浮かぶもんだと感心するぐらい色々されましたね。

職場のいじめ経験が今までなかったので、嫌な世界に転職してしまったなと内心後悔する毎日でした。

反論したくても年が離れすぎていて話にならず辛い

それ以前の仕事、つまり転職前はアパレル関連の企画営業職。

社内の人間関係なんて腐る程面倒な場面は見てきたつもりでしたが、案外思い出すとその場その場でこちらも言い返したり、喧嘩したりしながら乗り越えてこれたんですね。

それは自分なりの信念もありましたが、キャリアがそれなりにあったからできたこと。

若い頃なんて、まさに女性スタッフとしょっちゅう口論、でも結果的に負けずに言い負かしたのは私の方で、当時は多少相手が傷ついて仮に相手が会社を辞めていっても、それが正論とばかりに気にしないでいられたものでした。

でも、今回の転職後は歳があまりにかけ離れています。

最低でも一回り以上違うわけですから、あまり大人げない言い争いはしたくありません。

ましてやシェフが歳が近い上に親身になってくれるだけに、余計にそれに甘えるわけにいかなかったんですね。若い子には不満を抱えつつも、それをあまり愚痴るのは自分の小ささを露呈するみたいな気がしました。

あまり言えないからそれがストレスになって、毎日それを解消できないまま溜まっていく悪循環。

気がつくと、夜ほとんど寝れなくなっていきました。不眠症なんて無縁と思っていましたがまさにそんな感じで、それはしばらく悩まされましたね。

ストレスを発散できないから最終的に不眠症になった

結構なストレスが溜まっていくうちに、やはり体調も崩しがちになっていきました。仕事を変えた目的は、そもそも飲食業で新たに自分を試したいからでしたが、それが見えなくなっていたんですね。

仕事を覚える以前に人間関係に悩む日々、ある時そんなことどうでもいいんだよなとふと開き直れた時がありました。

それは前の仕事で知り合った同業の人と飲んだ時でした。その人は私より若かったんですが、やはり飲食に興味があって、フランス料理のソムリエを目指したんですね。私より全然レベルの高い知識、話してて恥ずかしくなるほど努力してる様子が伺えました。

彼は「せっかく勇気を出して転職したんですし、お互いいい仕事ができるようになればいいですね!いつか一緒に働けたりしたら面白いなあ!」私は内心レベルが違いすぎると思いましたが、確かにもっと志を高く持って勉強し直さなきゃいけないなと反省するいい機会でした。

そう思ったら、あまり職場の人間関係が気にならなくなったというか、そんなことより少しでも早く仕事を覚えて次の職場を探そうと考えたんですね。目標にしてた3年が過ぎ、シェフに引き止められながらも私は新しい職場を探すことにしました。

もうその頃には意地悪な女子スタッフもいませんでしたが、そんなことはどうでもよくなっていました。知人がソムリエを目指しているのに刺激を受けてフランス料理を覚えようとしていた時期でもありますね。

カフェレストランはビギナー向け、もっと上の世界が見たくなっていきました。

人間関係はどこに行ってもあると割り切れて楽になった

職場いじめってなんとなく相性もあるんですよね?肌が合わないとか、いい人同士でもあるでしょう?

きっと意地悪な彼女たちは、自分より後から入ってきたのにシェフと同等に話せる私が嫌だったんでしょうね。

確かにそれは恵まれてるのと同時に、嫉妬を買う原因だったとしても不思議はなかったのかもしれません。

実際毎日嫌がらせされると凹むものですが、私の場合は歳もそこそこ行ってますし、そんなことをいちいち気にしててはダメなんだろうと言い聞かせるようになりました。

働ける場所があるだけマシだ、そんな割り切り方に近いですね。

自分が若い頃、トゲのある言い方で相手の気分を損ねたことなんてよくあったことを思い出すと、彼女たちだってそのうちそんなことしてられないと気付く時が来るんだろうと推測します。またあの当時偉そうにして悪いことしたな、ぐらいの気持ちにはなりましたね。

その後、何軒か職場は変わりました。

時には人間関係で頭を悩まされることもありましたが、これはどこに行っても同じです。いちいちストレスにして溜め込むなら、そのエネルギーは勉強に使いたい、だからいい意味で適当に流すようにしていますし、それができるようになってきたんじゃないでしょうか。

意地悪だった子たちと似たタイプの人もたまに出会いますが、前ほどキリキリ胃が痛むようなこともありません。やんわり皮肉りながら、適当にあしらう術も学んだのかな?まあ、ちゃんとした目標を持っていれば、雑音が気にならなくなるのも時間の問題ですからね。

年の離れた女子たちからの壮絶な職場イジメで不眠症男

最後に要点を纏めておきますんで参考にしてください。

  • 40代未経験で飲食業界に飛び込んだ
  • 若い女の子達が意地悪で様々な嫌がらせを受けた
  • 反論できずストレスが溜まり不眠症になった
  • 人間関係はどこにでもあると割り切れた瞬間楽になった

人間関係はどこにでもあると割り切れる人はいいですよね。僕なんていつまでたっても割り切れずストレスを感じてしまう人ですから。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事