不妊治療って人生で一番辛いイベントだと思いませんか?

僕達も、数年前から不妊治療にチャレンジしてきましたが本当に辛いし痛い。

ほんの数パーセントに可能性にかけて、様々な方法を試すわけなんですが、着床して「僕たちの元へやっと赤ちゃんが来た」なんて楽観視してると、心音が聞こえないと地獄に叩き落される。

もう涙が枯れるぐらい僕たちは夫婦で泣きましたね。

もともと生理不順で妊娠しにくい体質だったが焦る毎日

現在30代の専業主婦をしているmanekinekoと申します。

妊活を始めて2年目を迎えましたが、全然結果が出ず焦っています。結婚前から生理不順があり婦人科へは通っていましたが、そこで診断されたのは通称PCOと呼ばれる多嚢胞性卵巣と診断されていました。

これは、ホルモンが過剰に出てしまうことで、排卵が上手くいかない症状なんです。例えば無排卵月経となってしまったり、大抵月に1個成長するはずの卵子が複数同時に成長してしまったりします。

基礎体温も低体温期と高温期にきちんと分かれないので、結婚してからは薬や注射を用いて排卵を手助けしています。まだ人工授精や体外授精には進んではいなくて、ずっとタイミング法で結果が出るのを待っているような状況ですね。

妊活をしていて一番辛かったことは、今も結果が出ないことではありません。

私の場合、兄弟から妊娠・出産報告をされた瞬間が本当につらく感じました。

友人の妊娠や出産報告は特に嫌な気持ちは持つことがなかったので、自分自身こんなにも辛く感じるなんて驚きでした。

不妊治療で一番辛いのは兄弟や友人達からの妊娠報告

兄弟が結婚したのは、私が結婚して1年ほど経ってから。結婚報告と同時に、相手の女性が妊娠していると告げられた時はショックでしたね。

相手の年齢は私と同じで、職業も私が以前勤めていた業界でとても似ていると感じました。後から聞いたのですが、彼女は私と同じように生理不順を持っていて、簡単に妊娠するとは思っていなかったそうです。

それでも、現実として彼女は妊娠をしました。

一方私は結婚してからしばらく経つのに、妊娠する気配すら感じません。婦人科へ通い始めて、先生からは6回タイミング法を試したら、何らかの結果が得られるはずだと言われていました。

それなのに毎回リセットされ、ただ月日が過ぎるだけ。

具体的に排卵障害が分かっているのは良かったのですが、それでもこんなにも自分が妊娠しづらく、きちんと排卵が行えない体なのかと思うと辛くて仕方がありません。

妊娠報告を受けて私が感じた痛みは、兄弟は私が喜んでくれる・祝ってくれると思って報告してくれたのに、私は一切喜べないことですね。

こんな感情、体験した人にしか分からないでしょうが、とにかく相手の人や兄弟に対して黒い感情でいっぱいになり、しばらくは会いたくない気持ちで一杯。

そういう自分がいることも苦しかったですし、健康に生んでくれた両親や、多嚢胞性卵巣って症状を持っている上で結婚してくれた主人や彼の両親に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

結婚式に来てくれた人に子どもを見せたいのに、それができないことの苦しさもありました。

努力で何とかなるのであればと、食生活を見直したり、健康的な生活を取るようにしていましたが、妊娠は努力で何とかなるものではないと痛感した時でもありました。

同じ不妊治療をしてる友人の話を聞きちょっぴり優越感

兄弟から妊娠報告を受けて、私は悲しくて悔しくて暫くは泣き続けていましたね。

自分は子どもが産めないかもしれない現実を突きつけられ、今後どういうふうに過ごしていけばいいか分からなかったんですよ。

その後、結婚式にも出席しましたが、結婚式に参列して余計気持ちは落ち込みましたね。

主人の両親からはプレッシャーを掛けられることはなく幸くはありませんが、兄弟の結婚、妊娠報告を受けた時に、自分の母親には今婦人科へ通っていることを告白しました。

その結果、帰省するたびに「子供ができにくい人は」と話をされたり、「他の人が言っていたんだけどね」とアドバイスを受けることが多くなりました。

これがまた自分が妊娠しにくいことを痛感させられるので、だんだん帰省したい気持ちが減ってきてしまいました。

そんな悲しい気持ちが前向きになれたのは、友人や主人と話をしたことがキッカケ。学生時代からの友人も同じ時期に結婚し妊活をしているのですが、彼女の場合は、原因が分からないのだそうです。

彼女の話を聞いていると、私はまだ原因がはっきり判明してて改善方法や具体的に進む方向が分かっているから良いのかなと感じました。

こういう時は、同じ仲間がいることも心強いものですよね?

また昔からの友人なので、私が兄弟の妊娠報告で凹んだ話も聞いてくれ嬉しかったですね。主人は、私が結婚前から多嚢胞性卵巣に悩まされていることも知っているのですが、それでも結婚当初はすぐに子供ができると考えていたようです。

結婚後婦人科へ通って治療している様子を見て、考えは少しずつ変わっていたようで、今はとても協力的です。精液検査も嫌がって協力してくれない話を聞きますが、そんなこともなくすぐに検査してくれました。

子どもについても話すことが増えましたし、将来のことを話しやすい家庭雰囲気にもなりましたね。

妊活をしていると、なかなか身近な人にすら話ができなくなることがあります。環境によって違いますが、私は友人や主人に話をすることで辛い気持ちが軽くなりました。

夫も一緒に戦ってくれていると実感し痛みが消えた

それでも、時折「なんで自分は不幸なのだろうか」と責める気持ちが湧いてきます。

もう諦めようかと考えることも多くなってきました。

神様の存在は信じていませんが、妊娠・出産は運が大きく関係しているのではないでしょうか?私の場合は、タイミング法しか試してはいませんが、全てリセットされています。

兄弟のように、結婚と同時に妊娠が発覚する場合もあります。

同じ症状で悩んでいても、年齢などが違っていても、いつ誰が妊娠するのかなんて、本人にも分からない奇跡なんだろうなって。友人と話して、私の場合は原因も分かっているし、夫婦で話ができている方だからまだまだ可能性は高くあるのだろうと楽観視できる瞬間もあります。

それを勝手に他人と比べて悲観していては、子どもも私のお腹に来たいと思えないなと冷静になることができました。

身の回りの人に妊活をしていることを話すと、私の母のように心配して声を掛けてくれる人もいますが、新たな視点をくれる人もいます。その人との関係性も大きく関わりますが、思い切って不妊治療中の事実を告白することは決して悪いことではありません。

私の場合は、同じように妊活をしている友人だったので分かり合えることができました。

パートナーに何も言わず妊活をこっそり始める人もいるそうですが、やはり夫婦で取り組むものですから、充分話しておくことをお勧めします。

私も兄弟の妊娠報告でとても気持ちが荒れてしまいましたが、全てを知ってくれる主人の存在がとても大きく感じられましたね。

いつの間にか一緒に戦ってくれる仲間になっていたのだと実感できました。

そんなふうに思えるようにはかなり時間も必要でしたし、今もまだ心は安定していないのですが、周りのおかげで冷静になることができました。
時には立ち止まって周りを見回すことも大切なんだと思います。

他人と比較し過ぎて辛すぎる私の妊活生活を話します

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • 生理不順があり多嚢胞性卵巣(通称PCO)と診断された
  • 兄弟から妊娠・出産報告をされた瞬間が一番辛かった
  • 不妊治療をしている友人と近況報告をして少し楽になる
  • 夫が不妊治療に協力してくれている戦友だと思えてきた
  • 不妊治療は夫婦で協力して挑むもの

僕の場合、母親からの「誰誰さんは2人目が生まれた」とか「私も孫を抱きたい」って要望が痛かったですね。

そんなワガママな母も、一昨年天国に旅立ってしまいましたが…。いなくなると寂しいものですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事