リアルで恋愛失敗!なんと腐女子が次にハマった2次元の彼氏はイケメン

失恋は辛いですが、ラブラブしてる恋人と会えないのもまた辛いですよね?

拙者も、関西と九州間での超距離恋愛体験を経験したが、流石にこれは辛かった。

なにせお互い会えるのは、どう頑張っても1か月に1回。相手のことをもっと知りたいのに、離れているから分からないし、「ひょっとして彼氏がおるのではないか?」なんて疑心暗鬼に陥ってしまう。

恋愛は楽しくもあり心配事が極限にも達すもので、毎回ドキドキものじゃな。

出張の旅に毎回携帯電話を失くす不自然な彼氏に不信感

こんにちは。オタクしかいない職場で働く、子育て中の30代兼業主婦です。

現在は、人生の伴侶に出会うことができ、子供もいる私ですが、今までの恋愛で一番辛かったのは、初めてできた彼氏との交際。

その彼は出張が多く、1ヶ月の半分以上は、本社がある地方へ出張です。出張で会えないことはもちろん辛かったのですが、それ以上に辛かったのは、出張に行った彼に、自分から連絡することができなかったこと。

出張先は遠距離とはいえ日本国内で、しかもその地方では一番の都会で、携帯電話が圏外になることはありえません。

そんな背景がありながら、な、なんと彼は、出張に行く度に必ず毎回、携帯電話を落としたり無くしたりしていたのです。

そのため、彼が出張に行くと、私はただ、彼からの連絡を待つことしかできません。彼は「連絡先は手帳に控えてある」とのことで、彼の携帯電話しか知らない私は連絡できませんし、向こうから私の携帯電話へは連絡ができたのです。

ほとんど毎日、電話をくれてはいたものの、電話で話せるのは互いの仕事が終わった夜だけです。それも、相手の都合次第で夜遅くなることもあり、彼からの電話を待ちわびる時間は、本当に辛かったですね。

彼と連絡できない痛みは不安で夜も眠れず耐えがたい

一度彼が出張に行ってしまうと、こちらから全く連絡がつかない状態で、毎回毎回、不安に押しつぶされそうな心境。

安心できるのは、彼と話している時だけ。

彼からの電話を待つ間、彼に何かあったのではないか?今日もちゃんと電話をくれるのかと?不安な気持ちで一杯になっていました。

当時は、初めての彼氏なこともあり、私は完全にのぼせ上がっていましたし、自分自身は彼を一筋に思っていました。

私って、ちょっと重いでしょうか?

悪いことは、全く考えもしませんでしたが、出張先に本命の彼女がいたと考えれば、当時の状況や自分自身のいいようのない不安に説明がついてしまいます。

冷静に考えれば、出張に行く度、携帯電話を落としたり壊したりって、いくら何でも頻度が高すぎるじゃないですか?

そして、何も知らないながらも、私自身の勘が相手の浮気を察知し、心のどこかでは、その彼とは長続きしないと分かっていました。それでも私は、そんな自分の予感から目を逸らし続けていました。

今思えば、当時の彼と会えない、彼に連絡できないことへの不安は、ただ、そのことに対するものだけではなく、彼との交際そのものへの不安であり、決して彼とは幸せな未来を築けない予感に対する痛みでした。

初体験した彼氏だったから気持ちイイ別れにしたかった

その彼とは、結局ささいな行き違いがきっかけで、向こうから別れ話を切り出される形となりました。そのときの私は、とにかく、彼と別れることが悲しくて悲しくて仕方ありませんでしたが、心のどこかでホッとしたのも事実です。

ですが、彼から別れを切り出された私は、一旦冷静になり、少し考える時間が欲しいと伝えました。とはいえ、それまでの経緯もあり、私自身、彼とはそれ以上、どうにもならないことは分かっていました。

私が時間をもらったのは、彼との交際が、プラトニックなものだけではなかったこともあり、実は、自分自身が妊娠していないことを確かめたかったから。

身も蓋もない話になりますが、彼に別れ話を切り出されて2週間程経った時、月経があるのを確認しました。

その後私は、彼に連絡をし、表面上はあくまで気持ちの整理がついたからと、別れを受け入れる旨を伝えました。彼との交際は辛いことも多くありましたが、やはり楽しい思い出も多かったので、せめて別れは綺麗にと考え、「今まで楽しかったよ、ありがとう」と伝えて別れました。

その後はしばらく、悲しくて辛い気持ちを引き摺ったままの私。

ただ、人前でそれを表すことができず、たまたま友人達と会う機会がありましたが、笑顔で「別れちゃった」と報告し、平気な振りをして強がりです。また、その彼との共通の友人が随分心配してくれて、話を聞いてくれたりもしましたが、そこでも平気な顔をし続けていました。

恋愛ゲームにハマり架空の世界で理想の彼氏に会えた

一連の彼との交際を、強がりではなく、完全に忘れることができたのは、全く別の夢中になれるものを見つけたからです。

それは、たまたまタイトルに引かれて購入した小説がきっかけ。その小説は、ある恋愛シミュレーションゲームをノベライズしたものでした。

当時はまだガラケーの時代。

ガラケーでできるゲームで、実際に攻略対象のキャラクターからメールや電話が来る、画期的なシステムの携帯電話に特化したゲームでした。

キャラクターの声を担当する声優さんも人気のある人ばかりで、魅力的なキャラクターが揃っていて、当初の私は、特定のキャラクターより、ゲームの世界感とゲームのシステムに引かれて始めました。

ですがゲームを始めるうち、あるキャラクターが気になり出し、そのキャラクターの趣味がテルミンの演奏という設定だったため、自分でもテルミンを購入するくらいハマってしまいました。

ちなみにそのゲームは、携帯電話の大手3大キャリアのうち2つでしか配信されていません。

実は、私が彼と交際を始めた当時は、そのゲームが配信されていないキャリアを使用していましたが、彼に合わせて別のキャリアに乗り換えてしまったのです。彼のために携帯電話のキャリアを変更していたことで、結果的に別れた後に立ち直ることができたのです。

別れた彼とは携帯電話での連絡が取れずに辛かった私が、その携帯電話に特化した恋愛ゲームで、しかも彼のために携帯電話のキャリアを乗り換えたおかげで、失恋の痛みを克服することになるとは、人生とは本当に皮肉なものですね。

失恋した腐女子が次にハマった2次元の彼氏はイケメン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします