人生で一番辛い失恋からの立ち直り方を経験者の私が処方いたします

20代で家庭に入ってと言われるも勇気がなかった私

こんにちは!私は現在駆け出しのWEBライターをやっております、27才女性です!

恋愛で一番辛かったことは、好きなのに別れを選ばざるをえなかったことですね。自分にも自信が持てず、当然将来にも希望が持てずにいたころに出会い、すぐその人のことが好きになったんです。

けれど、その人は長男。

家に嫁いでほしいと言われ、自分に自信がなかった私は勇気を出せません。

失敗したらどうしようと考えて踏み出せなかったのです。そして半年もせず別れました。

彼は引き留めてくれましたが、私からお別れを突き付ける形で、しかもLINEで一方的に送りました。会ってしまったら、決断が揺らぐと分かっていましたからね。

それからは、共通の友人を介して会ったりしていますが、いまだに気まずさから思ったように会話はできていません。自分に正直になるってとても難しいことだなと日々思っています。

正直になったところで、どうしようもないことだってありますしね。そ

れを乗り越えてこそ真の愛なのでしょうが、私には辛い想いだけが残る結果となりました。

忘れようと思うと逆に忘れられないのが悲しい人間の性

この経験で感じた痛みは、彼と行った場所に行く一緒に聞いていた音楽を聴く、一緒に見た映画を見る度に彼が、そして楽しそうにしている2人の姿が頭の中に浮かんでしまうことなんですよね。

これってよくあることなんですが、忘れよう忘れようと思うと余計忘れられなくて、かといって直視しても涙しかでなくて、どうしようもない痛みです。

ふと人に言われて傷つくことだってたくさんあるし、まして短い期間だったのだから、すぐ忘れるよと言われても忘れられない自分に腹がたったり、自分の無力さを思い知ったり、これからの希望も持てなくなるほど自分の中では深く傷ついていたんですよね。

恋愛は当人同士の問題なので、なおさら他の人にはされないものなんですよね。

だから自分の理解者がいないってどんどん孤独になって、自分の殻にこもって行く。

恋愛ってそういう苦しみを伴うものなんだもん。もちろん、それを恋愛の醍醐味と楽しめるようになったら、それは一番良いことですが、なかなか思うようにはいかないのではないでしょうか?

お互いが納得する答えを出すのも、相手だって同じ人間ですから色々と思うところがあるわけで、なかなか一致することはありません。

しばらくは猛烈に仕事を頑張り忘れるのが手っ取り早い

この経験で私が痛みを克服するためにとった行動は、実はは何もしませんでした。

しばらくは、ひっそりと自分から何をするでもなく、忘れよう忘れようと泣きながら悶々と悩んでいました。

行動に出るそんな元気さえもないくらい、落ち込んでいましたからね。

でも数日たって取り掛かったことは、仕事を一生懸命することでした。

仕事っていいです、結果出せば認めてもらえますし、頑張ったら頑張った分、いやらしい話ですがお金になります。

信用という財産も同時に手に入れられますしね。なので、とにかく休みなしに用事を入れまくって忘れよう忘れようとしていました。

その頃は、1人の時間を意識的に取らないようにしていました。もちろん、意識的にです。要するに、考えるともう落ち込んでどうしようもなくなるので、考えることから逃げる行動ばかり取っていたことになりますね。

失恋には新しい恋とありますが、私の場合恋愛に疲れ果ててしまって新しい恋なんてみじんも考えが浮かびませんでした。まぁ私としては、当然の結果かなぁとは思います。

そして友人にはもう忘れたよ~とホラ吹いていましたね。すぐ忘れるだろうと思われていただろうし、半年付き合ってもいないのに、なぜこんなに好きになってしまったんだろうと自分が分からなくなってしまって、引きずっていたら恥ずかしいとすら考えちゃいました。

なので、周りには出来るだけ見栄を張っていたんだろうなぁ。

その結果、私はがむしゃらに行動していました。

失恋を克服する方法は痛みと直接対決することが近道

私がこの恋愛を克服した方法、それは忘れようとしないこと。

忘れよう忘れようと思えば思うほど人は忘れられない性質を持っています。

これ、どんな人にでも当てはまる真相心理ですね。

なので、痛くても傷口に塩を塗るがごとく、痛みに向き合い続けることこれが1番の近道だったりするんです。

まずは、泣いて泣いて泣いて泣き疲れても泣くこと!そしてカラオケに行って発散したり、友達にも勇気を出して、忘れられないんだって打ち明けることです。受け入れてもらえなくとも発信すること、それ自体がものすごく大事なことなんですよね。

これをすると、不思議と誰にも言えなくて悶々と引きずっているより吹っ切るの早いですね、私がそうでしたから。なんか突然、泣くのもばからしいや、とか思えてくるんです!不思議ですが、これも心理的には自然なことです。

音楽の話に例えると、落ち込んでいる時ほど暗い曲を聴いたほうがいい話を知っていますか?

これは結構実用的ですよ。落ち込んでいる時ほど元気な曲を聴くと、これは私の気分には合わない、こんな上手くいくはずないって思うのが普通です。ただ、この心理を逆に利用してしまうのがいいんですよ!

落ち込んでるときに聞くと、ふとした瞬間にあれ?この曲、暗いじゃんって思える時が来るんです。

そうしたらもうクリアですね。あとは上に行くだけです。こうして自分と向き合う、痛いけれどこれが1番成功率が高いですね!

人生で一番辛い失恋からの立ち直り方の処方箋まとめ

万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします