40代になれば即リストラされるゲーム会社!?トラウマを抱えての転職

年齢がいってるってだけでリストラされたら、たまったもんじゃないですよね?

人間誰もが避けて通れないのが、1年に1回は歳を取ってしまうこと。

誰よりも努力しているのにある日突然、肩を叩かれたら絶望はハンパない。

人一倍努力していたのに40代って理由だけでリストラ

こんにちは、45歳男性、会社員、以前は某有名ゲーム会社でプログラマーをしていましたが、現在はトラック運転手をしています。

子供の頃からゲーム好きだった私は、学校でプログラムをかじったものの馴染めず物流会社に就職。

それでも、趣味で続けていたプログラミングが興じ、30代手前勤めていた物流会社を退職しプログラマーとして10年従事。

右も左も分からない状態から独学でプログラムを猛勉強して、自分が遅れるとチームに迷惑をかけるので残業してでも頑張ってきました。

あるプロジェクトが完成。

ギクシャクした人間関係がある職場でしたが、完成すると一体感が出て疲れも吹き飛ぶのが快感でずっとやってこられました。

でも、そんな喜びを得た次の日です。

上司から突然呼び出されて、リストラを濁す言葉が出てきました。

そこそこプログラマーとしての技術があるから、他の会社でもやっていけるんじゃないか?といった感じでした。

この会社に入った時、40歳を過ぎればどんなに技術力があっても肩たたきされる噂は耳にしていまいたが、まさか自分が???と一瞬何をがあったのかも理解できません。

同世代の上司に呼び出され、ほぼ一方的に転職を即され人生最悪の日を迎えました。

最初は、プロジェクトでの活躍を褒められ、いかに私に技術があるのかと絶賛気味だったのに突然リストラの話。

今まで持ち上げていただけに、一番辛かったですね。

会社の状況を聞かされ、技術がある君なら他の会社でも困らないので、グループ会社ではなく他を探してくれないかと言われました。

下手にグループ会社でリストラの話をされると皆に動揺が広がるからね…と促され、すぐ失業保険が出るように会社都合で退職させてあげるからと、いきなり言われても心の準備ができず唖然。

だったらお前が辞めろよ!!って上司に言ってやりたかった。

そこで、私は失業保険をもらう必要もあったので、転職のためにハローワークを利用。

プログラマーの仕事はそこそこ給料が高かったのですが、人間関係が最悪で、胃に穴が開いたぐらいのストレスを常に受けていたので、できれば人と関わらない仕事を希望。

一人でなにかしたいか考えハローワークで検索すると、配達運転手の仕事がありました。

たまたま大型免許を所有していたので、長距離トラックはどうかって窓口の職員さんに勧められた形ですね。

移動中のリスクはありますが、移動時間は自分の時間なので余計な人間関係から開放されたってのが本音。

リストラされ否定された経験がトラウマで前に進めず

リストラされて、心配だったのは次の仕事が見つかるかどうか?

次の仕事でも、同じような扱いを受けるのではないかってトラウマがあったもんですから、次の仕事があるかないかって心配よりも、頑張ってきたことが完全に否定される気持ちで、次の仕事ができるかどうかを心配しましたね。

遅咲きの30代と揶揄されながらも、今まで努力して貢献してきたつもりでしたが、その努力をすべて否定された感じのリストラです。

会社の風土や慣習も理解できますが、自分の立場的には全く納得できません。

そんな感情を引きずったまま仕事ができるのか?

そこで、次の仕事は今の仕事とはまったく無縁の仕事にしようと考えました。

同じ関係の仕事は、リストラのトラウマがつきまといますよね?

ただ、無縁の仕事で何ができるかと想像すると、まったく思い浮かびません。

ハローワークに行き、いろいろな求人を眺めて自分にできそうな求人があり、技術があれば職には困らないと自己満足。

でもプログラマーとしてはもうダメな自分。

ハローワークで紹介された新しい職場では、そこそこうまく行っています。

最初は一部の人から色々言われましたが、交流を深めると良い感じになりました。

皆さん強面ですが、話してみると気さくな感じで、自己責任できちんと仕事を行っていけば大丈夫だと感じました。

幸い、お互いを認めあってくれる職場に巡り合えたので、リストラ後に抱いていた懸念はなくなりました。

お互い仕事を認め合う仲だけど、自分の責任というスタイルが今は気に入っています。

以前のチームで何かをすることで、個人を否定されリストラされ引きずる気持ちを、心配していましたが、その心配は過去のものになり安心しています。

未経験でしかも全く新しい人間関係が築けるのか不安

 

以前と同じ関係の仕事ならすぐに見つかりました。

ハローワークの窓口担当からも勧めら、面接を受けるとすぐに採用されました。

いやぁ、30代とは言え独学でプログラムを猛勉強した甲斐がありました。

40代を超えていたので、給料面や待遇の条件は厳しかったかなぁ。

そこで、プログラマーの仕事を断り、少し自分を見つめ直しました。

プログラマーは、自分がやりたい仕事なのかどうか分からなくなっていたからです。

そこで、プログラマー以外に自分の特性を活かせる場所を探すことに。

もちろん、現在働いているトラック運転手に行き着くまでに幾つもの葛藤がありました。

体力的に持つかどうかわからない荷受の仕事内容もそうですが、新しい仕事で果たして報われるのか?40代のおっさんが未経験で何かを成し遂げられるのか?と。

そこで、少しでも興味がある仕事にしてみようと、以前物流会社に勤めていた際、憧れのあったトラック運転手になってみようと考えました。

しかし、経歴とは全く違う職場なので、面接でも敬遠され気味。

何気にいくつかの面接を受けましたが、手応えがなく少し落ち込んでいました。

プログラマーをやっていた頃の癖なのか、不採用だった会社に「なぜ私は落とされるのか?」話を聞くと、答えてくれた会社の話から「トラック運転手の仕事を理解しているのか」が一番の問題なようでした。

なるほどな。

職歴が一貫していない私は、どこの運送会社を受けても、すぐ辞める人だと思われていたようです。

このままじゃダメだ!としっかりと自分の考えを伝えて、それを認めてくれる会社探す作戦に変更。

安易にどこでも良いと考えるのではなく、自分を認めてくれる会社探しに変えた途端、すぐに転職先が見つかりました。

自分の気持ち一つですぐに変わったことを自信に変えて新しい職場で働けるようになりました。

突然リストラされたけどストレスが解消され今は幸せ

リストラされて、良かった点は自分に余裕ができたことですね。

なぜ余裕ができたかは、大きく2つの理由があります。

まず、自分がやりたい仕事を選んだので気持ちに余裕ができました。

リストラ前は、仕事を行うことが当たり前で、チームの中で迷惑をかけないように自分の担当をこなすことが喜びでしたが、自分のために仕事をすることでなく、他人のために仕事を終わらせる自己満足に過ぎなかったんですよね。

とにかく、時間内に終わらせるだけの達成感で、仕事中はまったく余裕がありません。

今は、少しでも好きな仕事に就けているので、仕事をすること自体に喜びがあります。

次に、ストレスがなくなり日常的にも余裕ができたことです。

以前は、チームの仕事だったので、余計な人間関係のイザコザが日常茶飯事でした。

仕事の速さややり方は人それぞれありましたが、そんな人たちがチームになり共同で作品を作り上げていくので、トラブルが起きないハズがないじゃないですか?

絶えず、無駄なストレスが生まれます。

しかし、今は仕事中の運転では、100%自分一人の責任ですから自分に集中できます。

自分に集中できると、周りとの関わりもなく過ごせるのでストレスは激減。

以前は、疲れたから休みは家で過ごしたり閉塞感の毎日でしたが、ストレスなく休みを過ごせるので、アクティブに活動できて余裕があります。

余裕ができ、自分が幸せになることができたら、家族や私と関わる人すべてを幸せにしている感じがあります。

自分の幸せを人に分けている余裕の気持ちが一番良かった点ですかね。

随分と私をリストラした同い年の上司を恨みましたが、今はスッキリ忘れて強面の同僚達と新しい人生を歩んでいます。

気持ちの切り替えは難しいですが、皆さんも新しい人生を歩んでみてください。

即リストラされるゲーム会社を去って転職活動した男まとめ

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

私も上司の不正経理に加担させられ、一方的に罪をなすりつけられリストラされたひとりなので気持ちは痛いほど分かります。

もう財務経理はウンザリかな。

リストラされて負け組だった中年男が稼ぐ仕組みをつくって人生逆転した方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします