リストラされて脱サラを夢見るも甘くはない現実!30代エンジニアの苦悩

コロナの影響で未曽有の不況がそこまで来ていますよね?

アルバイトや派遣は不況になれば真っ先に切られるので弱い立場。

だったら正社員になって安全圏に逃れればいいって考えますが、もはや絶対安全な会社員などこの世に存在しないのです。

皮肉にも正社員として採用されたがために、リストラされてしまった30代がここにいました。

不況のあおりでIT部門が閉鎖されリストラされた30代

初めまして、40代男性でフリーランスでネットエンジニアをしている耕三と申します。

私が人生で一番辛かったリストラ体験は35歳の時。

まさかの不況が幸いして、30代の私までリストラの対象となってしまいました。

当時はプログラマーの仕事をしてた私は、めちゃしんどい労働環境の中働いていたのですが、働いていた職場でプログラマー不要論がだんだんと強くなり、嫌がらせを受けたうえで解雇通告を食らいめっちゃ辛かったなぁ。

何が辛いかと言うと、あれほど苦労をして会社の要望を聞き入れてプログラムを組んだ見返りももらうことができず、追い出させる形でリストラとなったのでものすごく悔しい思いでいっぱいでしたね。

もともと、プログラマーは仕事ができて当たり前、出来ないなら首ってスタンスだったんですが、それは実は言い方を悪く言えば、プログラマーは切りやすく営業職や他の部署と比べると後出しじゃんけんで、どうとでもできる風に思われている可能性があります。

身を粉にして働いたのに裏切られた気持ちで、もう会社員は無理だなぁってのが私の正直な感想。

当然この後に一般企業への転職を考えましたが、どうもうまくいかず、それだったらフリーランスで働いた方が良いかもしれないと現在はフリーランスで働いていますが、現実は厳しいですね。

中には脱サラして会社員時代の何十倍も稼いでいる人がいますが、私は食べていくのが精一杯。

安定を求めて正社員になったのに完全に裏目に出た形

私の場合、会社自体がIT系でプログラマーだったので仕事に困ることはありませんでしたが、問題は同じような目にまた会うのではないかって不安がありました。

と言うのも、私自身リストラをされる前、アルバイトや派遣で点々とプログラマーの仕事をいろいろな会社で体験。

非正規でいつ首を切られてもおかしくない状況下で働いていましたが、一生懸命仕事をしてきたので「首を切られる」状況に陥ったことは一度もありません。

皮肉ですよね?

安定を求めて正社員になったのに、非正規のときの方が安全だったなんて。

ですから、正社員として入社したら、また同じ状況になるのではないかと考えたのです。

つまり、いつでも首を切れる状況である、仕事は出来て当たり前である風潮が強い会社に再度就職した場合、やはりトラウマが残っていますから精神が持つのか考えました。

そこで私は防衛策を考え、フリーランスで仕事を引き受けることも頭に入れて転職活動にいそしんだ訳です。

こうすることで保険として、万が一会社にリストラを再度通告され悔しい思いをしても頭を切り替えて、独立して働くことも視野に入れて活動できると踏みました。

何か保険を掛けておかなければリストラをされた場合、不安定になります。

私の場合、何回も経験しているので慣れてはいますが、苦労して正社員になってからリストラをされたのですから、派遣やアルバイトの時と比べるとガッカリ感は大きく、苦しかったなぁ。

もちろん、何の保証もないフリーランスで活動すること自体も最初は不安で仕方がありませんでしたね。

転職回数が多くエンジニアとして認めてもらえない風潮

30代後半でプログラマーの仕事を探しましたが、苦労した点としては、エンジニアとしての経験はどの程度であるか説明にめっちゃ苦労しました。

エンジニアの経験は元々、正社員だった8年間を含め、派遣の時とアルバイトの時に機械修理の仕事していたぐらい。

一応ですが、10年間は経験があって、それなりにテクニックも磨いてきたつもりでしたが、その経験を伝えた際、派遣やアルバイトはエンジニアとなると大したことをしていないと言われたこともあります。

もともとバイトって身分でしたが、本職のエンジニアのサポートをずっとしていて、その方から仕事を教わりましたので、実務経験であると思えるのですがそれを転職支援する会社では経験として認めてもらえませんでした。

やってる内容は同じですが、アルバイトのエンジニア、または派遣のエンジニアは、まるでエンジニアではないかのように扱われていたこと。

しかもです。

アルバイトや派遣の時、そのエンジニア業に関連する資格、電気工事士も含めて資格を取得しているのにも関わらず、「君は本物のエンジニアではない」と言い放たれたこと。

確かに最初からエンジニア畑ひとつを歩いてきたのではありませんが、正社員以外でやってきた経験をまるで雑草みたいに言われたのは腹が立ちましたね。

言い方が悪いですが本職のエンジニアの方より資格を持っていたのに、経歴として認めてもらえなかったことは腹立たしい気持ちを抱いたこともあります。

これが私が自立を考え始めるきっかけとなったとみてもよく、要は実務の経験があっても正社員ではなかったのでかなり下に見られた経緯があるのです。

脱サラして自由になったが食べていくので精一杯な現実

リストラをされて良かったのは、再度自分の能力を考えることができ、新しい道として独立をしてフリーランスにて仕事をもらう形に至ったこと。

こうすることで、自分は、エンジニアとしてもプログラマーとしても働くことができる自信にもつながり、自信とプラスする形でお仕事をもらえるお得意様もできました。

お得意様ができたのは、それだけ自分の力を認めてくれた企業がいるこってことなので、頑張ろうって気持ちが湧きました。

逆に、リストラされて悪かった点としては、予想が甘かったこと。

フリーランスになってバリバリ働けば、会社員時代の何十倍も稼げると思っていたのに、現実は厳しかったなぁ。

お得意様が増えても単価が上がらないと、薄利多売状態。

仕事ぶりを認めてくれればいいのに、単価交渉をしようものなら足元を見られて「他にもエンジニアはいくらでもいる」って言われて、そこで終了です。

こんな時、営業を経験して交渉術を磨いておけばよかったと大後悔。

他にも、苦労して正社員なったのに、その反動が大きく精神が不安定になってしまったこと。

そのため、再度転職をするか、独立をするか選択に迫られた時、2年ほどどちらの選択にしようか迷ってブラブラと無職生活を謳歌してしまったこと。

もっと早くどちらかに決めていたらひょっとしたら、再度就職して正社員になっていた可能性もあれば、独立がもっと早くになしえていたかもしれません。

ただ、この点は憶測な上、苦労をして正社員になってリストラにあったわけですから、客観的に考えて、その反動が大きくなるのは当たり前。

正社員に対して一切未練がなかったら、もっと早く切り替えられていたのかもしれません。

いっさいの未練を断ち切れるほど私は強くない。

そうした未練を踏まえたうえで決断を鈍らせてしまったことは、私がリストラをされて一番悪かった点になります。

リストラされ脱サラを夢見るも甘くない現実が待っていた

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

パソコン片手にどこでも仕事ができるフリーランスを目指し毎年多くの若者がこの世界にやって来ますが、ほとんど1年と持たないのが現実。

死ぬ気で自由を勝ち取りたいなら、集客術と営業力を養ってみませんか?

メルマガで大概のことは学べます。

リストラされて負け組だった中年男が稼ぐ仕組みをつくって人生逆転した方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事