昨年、オーストラリアから友人達が来たので、地元の商店街を案内してみた。

彼女たちが、キャアキャア言いながら写真を撮りまくってたのが、たこ焼き屋。そう、だだのたこ焼き屋が、たこ焼きをクルクル回す技がトラディショナルなんだって。

「 関西人なら誰でも出来るけど? 」と付け加えると、その日から3日間ずっとタコパやった。

その後、「 ひょっとして、これは海外の人達にウケるかもしれない! 」と思い字幕付きで動画撮影。Youtubeに載せたところ、「 Oh!Wonderful!That's amazing! 」って大反響。

その流れで、お世話になっている地元の有志達と、「 非公式ホームページ作って商店街を盛り上げて集客しようよ! 」って構想が持ち上がったんだ。僕が習得した、ネット集客技術を使って、アクセスをある程度集めたところで、プレオープン。英語・中国語・韓国語・フランス語、各国語が話せる有志も集まったんだけど、問題がひとつ。

あそこのたこ焼き屋は( ホームページに )載せるのに、何故うちのたこ焼き屋は載らないのか?というやっかみ。

しかも、商店会の会長さんとか地元の有識者がしゃしゃり出てきて、「 誰に許可取って、あそこのたこ焼き屋だけ載せてるんや? 」って絡み始めて大騒ぎ。

だから、この商店街は衰退の一歩を辿ってるんだろうな…と思っていたら、同じような事例を見つけたので、紹介しておく。

今回は地方に巣喰う、複雑な「 妬み( ねたみ ) 」の問題について考えてみたいと思います。

地域活性化に資する事業において、すばらしい成果や業績をあげた人の共通点は「 地元から離れれば離れるほど、その評価が全体的に高くなる 」傾向にあります。一方で、肝心の地元では、たとえ大きな成果をあげたとしても、そうした事業は「 賛否両論 」になることが一般的です。普通なら「 成功に続け! 」となるはずなのに、その成果を讃えつつ、困難な事業に挑戦する者を育てる、という話にはなりません。

挑戦者を「 馬鹿 」と言い、成功者を「 ずるい 」と言う土壌

その地域から若者がいなくなり、挑戦者が去る衰退の背景には、「 教育的な問題 」「 経済的な問題 」といったものを生み出す、極めて心情的な問題が存在しています。とりわけ「 地域活性化の壁 」とも言えるのは、挑戦者を支えず、成功者を引きずり降ろそうとする「 妬み 」とも言える人間関係がそこに存在します。

皆さんもご存じだと思いますが「 よそ者 ・ 若者 ・ 馬鹿者 」という有名な言葉があります。

地域を変えるのに必要なのは「 地域外から来る人 」「 若い人 」、さらに地元では「 馬鹿と言われるほど愚直に何かやる人 」という意味の表現です。私はこの表現がまったく好きではありませんが、それはさておき、地方活性化分野でよく使われ、もてはやされます。

実際、さまざまな困難に挑戦する地元人材は、いい意味で「 馬鹿だ 」と言われるのが前提なのです。確かに、従来からのやり方で衰退をしている地域で、新たなやり方を作り出し、挑戦するのは短期的に見れば地域内で批判され、割に合わない「 馬鹿な行為 」と言われれば、そのとおりです。

しかし「 馬鹿な行為 」と決めつける人は、極めて個人主義的な考え方で、「 自分にとっての損得 」でものごとを考えているのです。短期的にはマイナスでも、中長期的、あるいは地域全体という視点に立てばプラスになる挑戦であり、挑戦者を「 馬鹿 」と言ってしまってはその地域には未来がないわけですが、地域の中では「 あいつは馬鹿だ 」と言ってしまう困った状況があります。

さらに、困ったことに、挑戦者が成功すると物事はさらにこじれます。

成功者は「 すばらしい 」と言われるのではなく、「 あいつはずるい 」と言われてしまうことが多くなるからです。当然ながら、地域における事業は万人にすべて均等に富を配るようなものなどありませんし、不可能です。

公の行政事業でさえ受益者の濃淡は出るわけで、それが民間事業であれば、「 できるだけ多くの人にかかわってもらおう! 」と考えたところで、当然ながら個々人の受益には差が出ます。自分たちが恩恵にあずかれない事業で成功すると、「 あいつらだけずるい 」となって足を引っ張り、どうにかして失敗させようと試みたりするのです。

挑戦者や成功者を潰す「 3つの方法 」とは?

では、どうやってそうした成功者を潰しにかかるのか。やり方はそれこそ多種多様ですが、ここでは典型的な3つの方法について触れたいと思います。

( 1 )事業に予算をいれて潰す

地域で成果を収めた事業は、思いのある数名の有志でお金を出し合い、小さく始めたものが多くあります。

しかしながら、地域で成果を収めると行政や組合などが横から入り、行政補助や事業組合の予算を用いて、類似する事業の立ち上げを支援することがあります。実は、昔、私たちが東京の早稲田で取り組んでいた環境まちづくりもその罠にかかりました。

自分たちで小さくとも稼ぎ成果をあげていた事業でしたが、早稲田と類似する「 環境まちづくり事業 」を商店街で行うと補助金が出るという制度を国や地方が立ち上げ、潰されていきました。

また、全国各地で見られる「 飲食店の食べ歩き企画 」などもこのパターンに入ります。当初は有志の良いお店だけで企画していたのに、成功した後、成果を手にしたい行政側の思惑や成功を妬んでいる店などが絡み、施策化して補助金などが投入されるようになります。

すると「 税金を使うのだから一部店舗だけでは駄目だ! 」といって、「 しょうもない店 」もこうした企画に入れるようになります。

しかし、予算を入れてタダで参加する店などが増加して発展するかといえば、逆に参加者の満足度が低下していき、使う側にも敏感にその雰囲気が伝わります。結果として企画そのものが陳腐化し、破綻します。

( 2 )事業を横取りして奪って潰す

2つ目は事業の横取りです。たとえば、とある地域の生産者が商品開発や営業で血のにじむような努力をして地元産の良質な農産物などを使った新商品を大ヒットさせました。そうすると「 あなたのところも組合に属しているのだから 」となどといって生産者組合の共同事業にし、さらには「 地域を挙げての行政事業にする 」といって、地域ブランド認定して事実上横取りしてしまいました。

血のにじむ努力をした「 最初の開拓者たち 」は、耐える場合もありますが、こうしたことは本質的に許せるわけがありません。

意を決したように組合を通さずに出荷する、などとなったりするわけですが、そうすると今度は地元で嫌がらせを受けるなど、あからさまな営業妨害を受けるケースもあります。

さらに、道の駅などの公共施設運営事業などの官民連携事業であれば、集客などで成果をあげた途端に「 あの事業者ばかりが運営するのは公平性に欠ける 」などとイチャモンをつける人々が出てきます。その結果、運営主体が、地元で政治力のあるまったく別のグループへと鞍替えになり、施設自体を実質的に乗っ取るような事例も地方では出ています。

とはいえ、乗っ取り、鞍替えをさせて人気が維持できるかといえば、当然ながらそんなことはありません。実力がない人々がやると、すぐに人気がなくなり、経営が行き詰まります。

「うわさのある人」というレッテル貼り

( 3 )風説の流布で人格否定をして潰す

さらに、最悪の場合が( 3 )の風説の流布でしょう。

「 気に食わない 」ということで怪文書やネット掲示板などにあることないことを書いて、挑戦者、成功者を陥れようとします。

さらに、こういう場合、地元議員が事業に絡んでいることが少なくありません。

議員が直接、あるいは間接でも信憑性のないことをもとに議会で「 黒いうわさがある 」などといって質問して、さも実際に発生しているかのような事実へと仕立て上げてしまったりします。また地元のメディアも息がかかっているか、あるいはニュースが少ないため、いざこざがあると批判的論調で取り上げてしまうこともあります。

問題なのは、事業の内容だけではなく、安易な人格攻撃に政治、行政、メディア組織が便乗するケースがあることです。

結局、地元では「 触らぬ神に祟りなし 」ということで、せっかく頑張っていても「 うわさのある人 」というレッテル貼りがなされ、多くの人が離れていき、仕事に大きな支障をきたすこともあります。時に、精神的に病んでしまったり、病気で倒れてしまう人さえいるほどです。

恐ろしいことに、こういう場合、ほとんどのケースでは地元の一部が騒ぎ立て、多くの人は無関心です。

仮に事情はわかっていても、頑張っている人が潰されていく姿を、黙って見ていることが多くあります。そこには「 自分には関係ない 」と無関心を決めこんだり、心のどこかで挑戦者が失敗する姿に安堵したり、成功者がたたきのめされる姿を期待するという心理もあるでしょう。

挑戦者を支え、成功者を称えることが地域を発展させる

もちろん、どんなにひどい妨害策を受けても確たる覚悟をもってその地元で事業を継続し、仲間と大きな仕事を成し遂げる成功者・挑戦者もいます。

しかし、ほとんどの人はそのような妨害策などに嫌気が差してその地域を去り、より挑戦に寛容である地域へ移動します。

当たり前です。地域を変えるために不確実な日々を送るより、別の地域に行ったほうが、話が早いからです。相対的にいって人口集積が大きく、他人の挑戦に良い意味で無関心な都市部のほうがいちいちやることなすことに他人から介入されることもないため、都市部のほうが新たな挑戦が始まりやすい傾向にあるとも言えます。

「 新規創業支援 」「 移住定住促進 」という政策において重要なのは、創業支援への予算拠出や移住定住者への補助金などだけではありません。むしろ新たな挑戦に寛容であり、成功者を称えるという基本的なスタンスを地域の多くの人が共有できるか、にあります。

挑戦も成功も、つねに孤独から生まれやすいものです。だからこそ地域において互いに支えながら挑戦し、成功を讃えながらさらなる成功を目指す構造をつくれるか否かが問われます。妬みで新たな芽を潰した先に、「 地域の未来 」などはありません。他人の挑戦を明るく支えられるかどうか。これが、地域の未来を支えるのです。

2018年10月24日 東洋経済ONLINE より引用

僕が習得した、ネット集客技術は有用で、ある程度アクセスを集められたのに非常に残念。

後日、商店街の人にヒヤリングしてみたところ、「 差が出ないように、( うちの商店街は )タウンページにしか載せててない。だから、検索に引っかかるのはタウンページだけ 」だと。

古きを守り、新しきを破壊する。このしきたりを壊さないことに、この町の未来はない。

おすすめの記事