死ぬほど嫌な思いをさせらたら、思いっきりやり返してやろうと思いませんか?

「やられたらやり返す!倍返しだ!」なんて言葉が流行しましたがホンマ痛みを味わってほしい。僕の知り合いの輝さんは、元ヤンキーで現在は個人事業主としてブイブイ言わせている方。と言っても僕よりも一回りほど年下ですが、色々と起業の際にお世話になった恩人でもあります。

そんな彼も、信じていた師匠的存在に騙されて報復した経験があるので、紹介しておきますね。

30代自営業がキツかったのは恩師に裏切られたこと


30代男性、個人事業主をしております。私が人生で一番辛かったのは、信用していた社長に裏切られたことが一番しんどかったですね。

人間が一番嬉しいのも悲しいのもギャップですね?この件に関して本当に初めて詐欺というものに遭遇してしまい、加えてそれなりに信用していた人物にされたので、本当にショックでした。

身内に裏切られる。こればかりは誰でも悲しいものだと感じます

詐欺の内容は、あるソフトウェアの仕事を友人と請負って、それを実際に作って納入したんですが、金を一銭も払わずに逃げていきました。

そいつの名前を仁地一誠という名前と仮名しておきましょう。こいつはもともとカフェを運営していて、そのカフェで色々なお客さんを引っ掛けては、詐欺の投資金詐欺をしていたそうです。また、従業員に給料を払わずに逃げてしまって、有名になってました。

後になって、この男は周りから聞いたら本当に信用できない人間であるってことが真実として伝わってきました。

仁地はカフェロッソを営業しながらお客様の中から、仲良くなれる人間を探し出して、金になる案件を紹介してお金だけとって、ソフトウェアだけ作らせて店も畳んで逃げて行く手口を繰り返していました。

本当にひどいやつだと感じました。

メンターと慕っていた人に騙された痛みは計り知れない


何がキツかったって、私は彼をメンターだと思って慕っていました。それなのに、それを簡単に裏切られる人間 が実際にいて、それが身近な人間だったのが悲しかったです。

そして、そのギャップにが物凄く辛かったですねぇ。今では自分自身、信用する目がなかったのが一番悲しかったなぁ。

こういう案件は警察に泣きつけない民事なこともあり、本当に詐欺なのか案件として立件するのは難しいと法律に詳しい人間に聞きました。また、不良を気取るガキが、毎日バカをやりに来るのとはわけが違います。

そういう奴は「うるせーぞ馬鹿野郎」って一言いうだけで、目の前で警察呼んでやれば全くオッケーです。

見た目だけのガキにはそれで十分です。

そんな簡単な案件と違って、今回の場合は投資詐欺といきなり警察に連絡するよりも、少しお金はかかりますがどう相談したらいいのか?わかりかねる案件でした。

僕の中の痛みとしては信用していた人に対して裏切られたことと、詐欺されたこと。それに対する報復手段をどうすればいいのか?に関しては本当に考えました。

ただし、相手がバカだったらよかったのですが、これが頭がよくて狡猾で、それなりの脅しの手段もあったために、当時の私には太刀打ちできませんでした。

そのことに対する自分への悔しさが本当にバネになって、今の強さに通じていると思います。

今の私はそんな小さなことではびくともしない強さを持っています。この経験は大事でした。今では逆に感謝してます。

弁護士を雇って法的に奴を追いつめる作戦で報復した

私は弁護士に相談して、彼に逆に脅しを受けたことをお伝えしました。あまりに腹たったので、少しでも抵抗してやろうと考えたのです。

そして「お金がかかってもいいから彼を訴えたい」と話しました。

その上で、相手が脅してきた方法とは違う真っ当な方法で、脅してやりました。

弁護士を使ってまずは書類をカフェに置いてくる。それをうまく報告させる。それをやっってプレッシャーをかけてやりました。その後、仁地から「どういうこと?」って電話がありました。そんなのは私には関係ないので無視をして「弁護士を通してください。」の一手張り。

弁護士に電話しない限りは確実に訴えることになると、こちらも合法的に脅しをかけてやったもので「かなりのエクスタシー」になりました。

悪党気取りの馬鹿野郎を潰すのは非常に簡単だと実感しました。

最後は、観念した仁地と弁護士と3人で会うことになり、騙されたお金をちゃんと返してもらえました。たった20万円ほどでしたが気持ちよかった。それ以外にも他に被害にあった方にも弁護士を使えば、あいつは大したことない。他にも悪さしてるので脅迫にはならないし警察には泣きつかない。

泣きつく道理もないって教えてあげました。

その後彼らは全員、弁護士を使って仁地から不当に搾取されたお金を取り返すことに成功しました。

正直嬉しかったですね。

あまりに卑怯な人間は潰すって手段を知りました。簡単に言うと弁護士、または法テラスで相談すること。これがないと商談で勝つための手段になりません。これが使える人間とない人間は全く違います。

暴力でやり返すより法的に追いつめた方が金になる


この痛みを味わって学んだことは「自分を傷つける人間に対してはどんな手段、ただし合法的な手段なら勝てる」を知ることにはなりました。これは非常に有効な考え方ではないでしょうか?

私は仁地との交渉で、初めての交渉で見た目が輩みたいな連中に脅されました。

もともと私は水商売で働いていたために、別になんともなかったです。ただし、ムカついたことはムカつきました。その脅された内容は録音用のテープにとっておきました。「舐めてるな」って言われましたが「合法でしょ?」ただの脅された物件ですよ!って言い返したら輩どもは呆れてました。

その後、すぐにお金にするために弁護士に連絡を入れて、クソどもを潰してお金を取り返すことにしました。

仲間を使って私を脅してくるくらいなんで、所詮大したことない連中でした。

少し腹がたちましたが、今ではメンターでもなんでもない。「仁地はクズ」って気持ちが本当に分かりました。

この経験の痛みを理不尽なことより、合法的な手段に持ち込みお金に変えてしまおうと思考の変換を行いました。

これほど簡単にお金が帰っってくるとは思ってなかったので、被害にあった方々に連絡して取り返してくださいって話したら、どんどん仁地からお金をとる人間が増えてきたので「ザマアミロ」ってガチ思いました。

因果応報とはこのことを言うのでしょうか?

この時受けた痛みから得たのは、サバイバル能力と人を見る目。うまい言葉には絶対にダメなからくりがあって、いくらお金になっても絶対に引っかからないように絡んではいけない。それだけです。私はお金に関しては怖いと思ってます。

この経験から知ることができた勉強ではあります。

30代自営業者が騙されてムカついて報復辛かった経験

では、最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 慕っていたメンターに詐欺られた
  • 詐欺られたことよりも裏切られたギャップが辛かった
  • ボコりたかったけど、冷静に弁護士を雇って追いつめた
  • 暴力でやり返すよりも法律でやり返した方が得だと分かった

輝さん自体、ヤンチャ系の人なので僕とは正反対。住む世界が違う人で、マジ助かったよって思いましたとさ。アウトレイジかっ!

汚い言葉が文中にありますが、敢えて原文のまま掲載しています。ご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事