友人にお金を貸して、返してもらえなかった経験はありませんか?

お金だけじゃなくって、ファミコンのソフトだったり、お気に入りのCDだったり、ムカつきません?借りっぱなしで返さない奴。

そういう奴に限って色々とルーズだったりしますしね。

赤の他人から受けた寸借詐欺はもちろんムカつきますが、身内から受けた時のショックは計り知れません。

こと美さんも、そんな心の傷を負った一人です。

久々に会った同級生にお金を貸して返してもらえず

私は元同級生に詐欺にあってしまった35歳の女性、こと美です。

私が詐欺に会ってしまって、今までで一番辛い時期に陥ってしまったのは、10年以上前の20代の時。

高校時代に仲良くしていたグループの一人である、割りと目立たない感じの娘から卒業以来、3年ぶりに連絡をもらい、会うことにしました。

高校生の時の友だちというのはどこか特別な感じがして、誰でも警戒心が薄れてしまうと思います。

当時の私も久しぶりの再会にワクワクしていたのですが、地味だった彼女はちょっと派手目の化粧とファッションになり、明るくなっていました。

でも、話が盛り上がり、そろそろお開きというときに、突然深刻な顔をしはじめたんです。

学生時代の友人にそのような顔をされて、何も聞かずに帰ることは出来るでしょうか?私は出来ませんでした。

重い彼女の口を開かせて、実は付き合っていた彼氏には妻子がいて、

慰謝料を求められているものの、お金がなくて支払うことができず、

今月中に支払わなくては彼との関係を会社にばらすと脅されている

と泣きつかれてしまいました。

彼女は両親とも疎遠で、慰謝料があと20万円足りなくて困っていると言われたのです。

私もお金がないため貸せないと断りましたが、必死に泣きつかれてしまい、

2ヶ月後のボーナスで返すと言われて仕方なく10万円だけ貸してあげることに。

しかし、2ヶ月経っても連絡は来ず、すぐに携帯電話に連絡をしましたが既にに使われいませんでした。

そこで、他の友達にも聞き回った結果、驚きの事実が発覚したんです。

高校時代の友人たちも同様に、彼女にお金を盗られていたらしく、

私はそこで詐欺に会いお金を盗られたことを知りました。

同級生に騙されたことや、当時仲良かったみんなのことを騙すような人ではなかったのに、

騙していたという事実がとてもショックで辛かったですね。

お金を盗られたこと以上に裏切られてショック


当時は手取りも低く、お金もあまり持っていませんでしたので、

お金を盗られたことは確かにショックでした。

それ以上に、仲良くしていた同級生が自分のことを騙そうとして、

3年ぶりに近づいてきたということ自体がショックでした。

金額自体は高額ではありませんが、高校生の時の思い出を、

彼女によって汚されてしまったような気がしてしまい、過去までも悪いイメージにさせられたような気持ちになりました。

彼女に困っているという話を持ち出された時、

そんな辛い思いをしているなんてという驚きながらも、

自分のことを頼ってきてくれて正直嬉しかった。

なかなか話し出すことも出来ず、気丈に振る舞っていたのかと思うと、

次第に自分が助けてあげなくっちゃって使命感みたいなものが、生まれてました。

しかし、その思いを踏みにじられたような、とても複雑な心境となりましたね。

絶対にお金を騙し取られたり、詐欺の被害には遭わない、自分は慎重派だと思っていただけに、

自分に対しての情けなさも沸き起こり、とてつもない怒りであったり、

同級生というだけで安易に言葉を信じてしまった自分が、とても恥ずかしくもありました。

お金に関しては誰よりもシビアであると自負してしました。

3年ぶりに会ってお金の話を持ちかけられ、客観的に見ると寸借詐欺だと分かる内容であるものの、

学生時代から知っているというだけで、信じてしまった自分が情けなくて、

誰にも相談できないモヤモヤとした気持ちを抱いてしまいました。

高校時代の同級生たちとの再会そして団結


同級生によって詐欺に会ってしまったということを知ったのは、

自分と同じように彼女に浮気の話をされたり、妊娠したと嘘をついて中絶費用を借りたりと、

ありがちな方法で同情を誘い、お金を騙し取っていたらしいんです。

なかには60万円貸してしまったという人もいました。

被害に遭ったという友達と協力をして、彼女のことを探すことになりました。

お金を返して欲しいというよりも、仲良かった私たちになぜ今更お金を騙しとったのか、

彼女からきちんとした理由が聞きたかったから。

騙されたということへのショックも癒えていませんでしたし、

詐欺でお金を騙し取っていると聞いてからも、

もしかするとやむを得ない事情で連絡できないだけ?

決して、私たちのことを騙そうとしたのではないと、信じたかっただけかもしれません。

彼女の実家には行ったことがなかったのですが、友達と二人で代表をして行くことになりました。

高校時代の情報を頼りに実家と思われる場所へ行くと、母親らしき人が出てきて、

彼女のことを聞きましたが、5年前に家を出てからは連絡していないと言われました。

また、彼女が卒業してから就職した会社に問い合わせたりと、

彼女を探し出すことに力を注ぐことで、騙されてしまったショックを癒そうとしました。

でも、結局は彼女は見つからずに、行方不明のままでした。

彼女のことを探すこと、彼女が本当に家族と疎遠であったり、

仕事を辞めて消息が分からいと知ることによって、

「 事実、私は詐欺に会ったんだ 」って認識したときより、

とてつもない怒りや、自分自身に対しての誰にも相談できないほどの

恥のような、様々な痛みは克服できていたんだと思います。

詐欺のおかけで友人たちと再会できた


同級生で詐欺にあってしまい、楽しかった青春の一ページを汚された気持ちにもなり、

痛みを抱いていたところに、その傷を癒してくれたのは、

同じように彼女の詐欺にあってしまった同級生の友達でした。

彼女たちとは卒業後には互いに進学、就職をしてしまい忙しくて疎遠になっていました。

しかし、彼女の詐欺の一件で再び一致団結して、解決しようとすることで、友情が再開。

困難を乗り越えた人とは永遠に友達になれると言われていますが、彼女の詐欺に会わなかったったら、

そのままずっと疎遠のままだと思いますし、もう一度みんなに会うことも

なかったかもしれません。

同級生に騙されてしまったことはとてもショックでしたし、

怒りであったり情けなさなどで

感じた傷というのは、自分一人が抱いているものではないと知ったことで、

克服をすることが出来ました。

彼女が自分達のことを寸借詐欺の対象にしたのは、

もしかすると彼女からもう一度仲良くなるためのキッカケを与えてもらえたのではないかと、

彼女の被害にあってしまった同志で、笑いに変えて楽しく過ごすことで、

私だけではなく、みんなの心の傷を癒すことができたような気がします。

結局はお金は返っては来ませんでしたが、

それからは仲が良い人の言葉も確信を持ってから、動き出すようにという教訓にもなりました。

疎遠だった仲間を取り戻し、人生経験を得たと思うと、

10万円というのは高価な値段ですが、

お金には変えられないものを手に入れたと考えるようにしています。

また、彼女は騙していたのではなく、どこかでお金を工面して戻ってきてくれることを、

10年以上経った今でも思うようにし、恨むべき彼女のことをあえて恨まずに、

未だに信用していると言い聞かせて詐欺に遭ったときの痛みを克服をすることが出来ています。

高校時代の親友に詐欺られて辛かったことまとめ

では、最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

 高校時代の同級生に10万円を寸借詐欺られた
 私のことを騙そうと近づいてきたこと自体がショック
 他の友人たちも騙されたと知って団結した
 彼女を探すことで痛みを克服しようと頑張った
 10万円で人生経験を得れたと思えば安いもの

友人からの寸借詐欺は後味が悪いものですね。

僕も学生時代、お金を貸して嫌な思いをしたので、一生人にお金を貸すことはないだろうなって考えています。
「 貸すなら捨てるつもりで貸せ 」ってオヤジが言ってたのを思い出しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事