ありえない!有名企業をリストラされた男が人生で一番辛かったこと

ある日突然「1.3倍分の退職金もらって辞めるか、一生中国に出向か今すぐ決めろ」って言われたら絶望しませんか?

僕たちがリストラ勧告された時は、まさにこの文言。もう目の前が真っ白で、集められた社員達は全員???って状態になってましたね。

それでも、自分たちは一切身を切らないぞ!って姿勢の首脳陣に対しては相当ムカつきましたけどね。

40代で一生懸命尽くした大手企業をリストラされる


43歳エンジニアをしています。

私はパソナテックという会社をリストラされて一番辛かった体験談を話します。私は2010年からパソナテックで正社員としてエンジニアとして勤務しておりました。仕事内容としては、Buffaloという無線ルータの会社のBPOでメールでテクニカルサポートをする事業部でした。

私は正社員のSVとしてセンターをまとめておりました。

BPOとは、企業内部の管理部門で行われていた総務、人事、経理に関連する、給与計算、データの入出力(インプット・アウトプット)や処理などの業務を中心に外部に委託するケースが多い。コールセンターやソフトウェアのプログラミングなど、コンピューターやインターネット技術に関連した業務のアウトソーシングは、ITアウトソーシング(Information Technology Outsourcing)とも呼ばれる。

Wikipediaより引用

この部署には、毎日300本以上のメールが届くため、それ対応する部隊を率いておりました。それも休日返上で働く日もあれば、残業も毎日2時間以上。

職場にに対して尽くしてきたのに、センターを中国に移動させるめちゃくちゃな指令が発令され、今いる人員は基本的にリストラという運びに。

本当に一生懸命やっても、人生って報われないことがあるんだなって本気で思いました。

それとSVとしてみんなを支えてきて、またはセンターのために支えてくれた方々や部下の方にも、本当に申し訳ない気持ちでしたね。再就職も大変なのに、最終日までしっかりと業務をこなしてくれたのは本当に嬉しかったし、自分の無力さには悲しい気持ちになりました。

自分の不甲斐なさや無力さに対して、本気で悩みました。

いくら正社員でも利用価値がなくなったら、リストラされて捨てられるんだって現実を思い知りました。

ゴミをポイ捨てするように正社員のリストラが行われた


パソナテックという派遣会社としても一流と言えるグループ会社で、ゴミをポイって捨てるように正社員を切ることがあるのか?世間ってこんなに冷たいのか?

会社に尽くしてきた我々が、こんな仕打ちをされて誰も何も思わないのか?次々と疑問が湧いてきましたね。それも、クライアントが中国の重慶に拠点を選んだと理由だけで。結局、今のテクニカルセンターはなくなり、重慶に移動することになりました。

「あなた達の選択肢は重慶に異動していただくか、辞めていただくの選択肢しかない。」と言われ、これは完全なリストラと感じました。

「リストラ」という言葉を簡単には発せずに、遠回しに「辞めてくれるか?」みたいな表現で余計に頭にきましたね。雇用が保証されている正社員になっても、こんな扱いがあっていいのか?って感じました。相当ショックでした。

そして、自分で選んだパソナテックに就職した際と、現実の違いすぎて笑えてきました。

あまりにもひどい扱いじゃないか?!かつてのグッドウィルの派遣切りのような扱い。まさか40代でリストラされるなんて思ってもみなかったです。

リストラされたことによって、会社都合にしろ履歴書にバツがついてしまったことが本当に悔しかったなぁ。現実の中のあまりもの不条理に関して、痛みを感じました。こんな痛みは、派遣業界でシェアの大きなパソナテックにおいてありえることなのか?って未だ信じることができない自分がいます。

自分の無力さに対しての痛みや、悩みがあまりにも大きすぎた。

これに関しては「世の中には不条理なこともある」「どうしようもないことだってある」って必死になって頭の整理を何度も何度も繰り返していました。

こんな経験は二度とないように、真っ当な会社に入るよう心に誓ったのは言うまでもありませんね。

もっと大きい企業に再就職して見返してやろうと決意


リストラされた経験に対して組織にどうこう言っても無駄ってもんです。

そんな無駄な戦いはせずに、私にとっては、さらに大きな会社に就職することが、絶対に今の小さな会社からリストラされたことに対しての復讐でした。

しかし転職活動は、想像以上に厳しかったです。

私は大手の会社で「二度ととリストラされてたまるか!」って気持ちで、KDDI、NTT西日本、三菱電機、日立システムズなど大手の会社ばかりを受けました。

私のSV経験が本当に役に立てればいいと思い受けまくりましたね。痛みが行動を生むって聞いたことがありますが、これは本当でした。

私は奇跡的に、日立システムズのテクニカルサポート部門に入社することができました。パソナテックの数10倍は大手の会社です。この大企業に入るために、3回面接を受けました。そして何と正社員として合格。

「日立システムズほどの大手に受かったので、リストラされて逆に良かった」とパソナテックの総務や人事に言ってやれたこと。復讐が叶ったのでせいせいしました。

マジで企業研究して、面接してよかったです。そして、どんなことも、どんな屈辱でも本気の行動によって、痛みを潰す行動によって簡単に成功することができました。圧倒的な行動力のお陰で、最高の栄光を手に入れることができたのは本当に嬉しかった。

また、その後も貪欲に資格をどんどん取得してパソナテックにいた時よりも、年収を上げまくりました。

転職して年収が上がったこと、そしてリストラされたことが、今では本当によかった結果だと感じてます。リストラ最高。何事も悲しさに嘆くことよりも、底からはい出す力が大事だと感じました。

痛みを克服するためとにかく失敗を恐れず前に進むべし


この経験で感じた痛みを克服した方法は、基本的にガムシャラに行動することのみですね。

つまらない悩みをいつまでも持つ時間が、人生において勿体ないんじゃないかなぁ。これはリストラとか、そんな云々なんてよりも、人生における問題に対してどう対処すれば、自分の中で折り合いがつき克服できるかってことです。それに対してはリストラなり、人間関係なり。そんなのは関係ないです。

自分で行動しまくって変わることはありません。時にはイケイケGo!Go!な気持ちが必要になります。

人間は悩む生き物だから仕方がないです。

でも「悔しい」「どうしよう」なんて気持ちが芽生えたら、なんでも前向きに捉える力を身につけることが、打たれ強くなれば嫌でもついてきます。私は、リストラのショックでガムシャラに行動して、より大きな会社に転職して見返したことによって確実に克服することができたと自負しています。

リストラって大きな問題にとらわれて、大事な時間を無駄にして悩むことなんて、人生においては無駄だと思いませんか?

そうやって俯瞰で感じて行動しまくって、悔しさをバネに頑張って、大企業である日立グループの日立システムズに入社することができました。しかも、本気の行動で資格を受けまくって「基本情報技術者」「ネットワーク技術者」などの資格も取りました。

仮想デスクトップなんかは、パソナテックにいたら絶対に経験できないテクノロジーでしたし、これらの資格があったから日立システムズに合格できたんだって今では誇りに思っています。

圧倒的な行動力こそが何かを克服するための最善の方法です。何かがあれば、暴れまくる精神力。是非、鍛えてみてください。

有名企業をリストラされた男が辛かったことまとめ

最後に要点をまとめますので参考にしてください。

  • 工場の中国移転に伴い、正社員全員リストラ
  • まるでゴミをポイ捨てるようにリストラされた
  • 一生懸命会社のために尽くしてきたのに、この仕打ち
  • もっと有名な企業に入って見返してやろうと頑張った
  • 40代の転職は想像以上に辛かった
  • とにかく前を向いてガムシャラに進めば、道が開けた

僕たちの会社は杭州に生産拠点を持っていたので、中国駐在はある意味楽しかったんですが、一生と言われると流石にキツイなって思いましたね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします